MENU

News & Event

ニュース&イベント

住まいづくりの知識

耐火木造 1時間耐火

木造の高層建築など技術と工法の進化で
3階建て以上の木造のご要望も少しづつ
増えて来ているとの事。

戸建ての個人住宅ということもあります
が共同住宅で施工費用等の関係から木造を
希望される場合が増えてきているようです。

マンション、アパートなどの共同住宅は戸建
住宅と違い、建築基準法で「特殊建築物」となり、
準防火地域内で木造3階建共同住宅(木三共)を
建てる場合、1時間耐火構造であることが求め
られます。

平成30年3月 耐火構造告示に沿って設計、施工
をすることになるのですが、一般には大臣認定され
た耐火構造によって建てられることが多いと思います。

認定の耐火構造を使って設計・施工するためには
まず講習を受けるところから。

設計もそうですが、現場での施工手間が増えていく
=現場でのお仕事の重要性が増していくということ

ご苦労をおかけします、の気持で図面を描きます。