MENU

News & Event

ニュース&イベント

ニュース

浸水リクス、重要事項説明 義務化へ

名古屋で天白川流域地域で広い範囲で
浸水をしたのは、平成12年のことでした。

調べてみると名古屋市周辺ではそれ以前には
平成3年に台風による水害が記録されています。

堤防など治水対策が進んだ後に大きな水害に
見舞われるようになったのはその頃からでは
ないのかと記憶しています。

近年の相次ぐ水害が起きる地域はハザードマップで
浸水が想定されるエリアと重なることが多いことから

国土交通省は
不動産取引の際の「重要事項説明」で対象物件の
浸水リスクの説明を義務付けることになりました。

宅地建物取引業法の規則改正により来月、
2020年8月28日に施行する予定だそうです。

多くの宅建事業者では既にハザードマップで確認
できる情報については洪水リスクについても
説明をし、資料をお渡ししている状況ではあります
が、その説明がされないことがないようにという
今回の規則改正なのでしょう。

改めていま、お住いの地域のハザードマップの確認
をされて、避難所の位置の確認などリスク対応を。

どれだけ準備をしても、想定外のことは天災以外の
ことも含めてしばしば起きます。

その想定外にどこまで対応できるかは人の力で及ばない
ことでもありますが、だからこそ、やはり、いざという
時に身体が動くために「知っておく」ことは大事なのかと
思います。

下記はNHKニュースのリンクです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200728/k10012535451000.html