MENU

News & Event

ニュース&イベント

ついの住まいづくり

暮らし編 〜暖房〜

省エネについては住宅部門でもここ数年で
随分と進んでいます。メーカーさんのための法律なの
かと思われるほど、建具、サッシ、空調等の機器は
進化して価格もそれなりにアップしているので、
省エネ住宅を建てようとか、長期優良住宅にする
とかになると、一昔前と比較して住宅の施工坪単価
はしっかりと上昇しています。

とはいえ、従来の日本型住宅は寒くて健康に暮らすの
に支障となる可能性も高いと言われています。
日本の住宅は寒いけれど、とりあえずの暖房で我慢し
て暮らしている、というのが現状です。

断熱・省エネ仕様にすることで施工時の費用は少し
かかりますが、ランニングコストで考えると、断熱
されていない家でガンガン、ストーブを焚くことで
かかってくる光熱費と比較して少なくて済むケースが
ほとんどだと思います。

高齢者が「ついの住まい」として長く快適に暮らす
ことを考えれば、暖房、断熱は重要なポイントです。

老いていくことを考慮して、なるべく「火気」のリス
クを無くすため、2階暖房は温水パネルヒーターです。

日本の国内では北海道など寒冷地で使用されるだけの
現状のようですが、
このエリアの冬の寒さ、高台ということでの風の影響
などを考慮して、部屋の広さに対して能力的に余る
くらいの台数にしています。

アアルトの住宅など北欧の住宅にはパネルヒーター
型式の暖房が設置されていて、長い冬、長い夜、を過
ごす国の人たちがつくる、「心地よく過ごせる住まい」
は輻射熱の温かさでもあるように思えて今回採用してみ
ました。