MENU

News & Event

ニュース&イベント

住まい循環プロジェクト

家を売るとき・・日本の中古住宅売買の可能性

長年住み慣れた家を売却する、その思いは簡単ではありません。

売却する動きを始めたら、その時点から住み慣れた、思いのいっぱい
つまった我が家は「不動産の商品」として扱われ始めます。

不動産業界というのはそういうところなのでしょうが、
家は「人が豊かに住むための空間」としてしか考えられない私に
とっては、そのただ「商品」としてだけの扱いに戸惑うことも
多いです。

ネットに掲載したら、その日から見知らぬ多くの人が自宅の周囲に
下見に来るようになり、家の中を見たいという人がいたら日程を調整
してご案内をする、それは今の仕組みの中では売却の際には避けて通れない
ことではあります。

レインズ機構にお預かりした物件を登録することは、お客様の利益のためにも
とても大切な仕組みだと思います。
その後、「この愛着のある大切な家をどなたにお譲りするか」、という感覚で
丁寧に買い手を探すという仕組みを望む人も多いと思います。

地方に「空き家」がたくさん存在するはずなのに、空き家バンクなどの運営が
順調に展開できている感じがないのはなぜなのか、を空き家問題の取り組みを
している団体の方にお聞きしたことがあります。

「空き家を持て余していたり、どなたかに譲りたいと考えている所有者は
本当は多いのですが、地方であると昔からお付き合いのあった近隣の方の
目を気にして容易に売却するという決断ができないんです。」

というお話でした。

中古住宅の売却にまつわるネガティブなイメージを払拭できるキャンペーンや
仕組みをつくりあげていかなくては何も動き出さないのではないかと・・・。

コトトマの「住まい循環プロジェクト」で仕組み化を進めていきたいと
あらためて感じています。